簿記取得を目指す

簿記の初歩から基本知識をしっかり習得しましょう。

簿記検定の勉強は過去問演習を中心にするのがお薦め

簿記検定の勉強の際、重要になるのが、演習量だと言う事ができます。
簿記の勉強に関しては、この限りではありませんが、簿記検定に関して言えば、知識量と言うよりも、いかに制限時間に問題を解くかという事が重要になってきます。
そのため、演習量が足りないと、時間内に問題が終わらなくなってしまいます。
これらの事から、充分な演習が必要だと言えます。
そして、その演習をする際に最適なのが、練習問題集ではなく、過去問題集だと言う事ができます。
簿記検定では、解き方は基本的に同じで、数値のみ違うという問題が数多く出題されます。
そのため、過去問を充分に解いておけば充分に対応することができます。
また、出題パターンもある程度ローテーションのようになっている部分にあるので、過去問を解くことによってある程度、自分でも次の試験で出そうな問題というのを予想することも可能だと言えます。
これらの事から、簿記検定の勉強は過去問の演習を中心にやることが良いと言えます。