簿記取得を目指す

簿記の初歩から基本知識をしっかり習得しましょう。

簿記の資格試験について

簿記の資格は受験や就職の時に有利に働くことが非常に多くあります。簿記の資格の中で最も有名なのは日商簿記検定です。この日商簿記検定は年に3回、6月と11月と2月に試験があり、毎回、老若男女を問わず多くの人たちが資格を取得するために試験を受けます。日商簿記検定は1級から4級までの級があり、3級を取得することができれば、自営業ならば会計をすることができ、また高校受験の推薦の際、点数に加えられるそうです。2級を取得すると中小企業などで経理として会計をする仕事をすることができます。それに加えて、大学受験の際に取得しておくと推薦で有利になるということです。そして1級を取得すると誰もが名前を知るような大きな株式会社で経理として働くことが可能になります。さらには1級に合格すると税理士の試験を受けることができる資格が与えられ、税理士、公認会計士を目指している人たちにとってはこの1級はそのような難関の資格試験への登竜門となっています。もちろんこの1級も合格率は7パーセントから10パーセント程度と資格試験の中では難しい部類に入ります。1級から4級まで受験資格などは無いですから、誰でも受験することが可能です。